大変なことは?注文住宅のデメリット

予算オーバーや妥協に繋がるかも

注文住宅は、個人のライフスタイルや希望に合わせた住宅が建てられ、予算を調整することもできるというメリットがある反面、それを裏返せば、思いのままに建築計画を立てていると予算オーバーになるケースが多々あります。また、家は生活の拠点であることからこだわりを持ったものにしたいと考える人も多いですが、予算をオーバーしてしまうことを考えるとやや不満足に思う点があっても優先順位が低いものに関しては妥協をせざるをえない場合があります。登記費用や水道工事の費用などが追加でかかる可能性があるため、資金は多めに見積もったり、業者と費用面に関しても細かく打ち合わせをしたりする必要があると言えます。このように、注文住宅の場合は金銭面で考えなくてはならないことが多くなります。

入居までに時間がかかる

建売住宅は購入後即入居できるケースも多いですが、反対に、注文住宅は注文を受けて建築する以上、即入居とはいきませんし、他の住宅と比較して建築開始から完成・入居までに時間がかかります。具体的には、勘案するポイントが多ければ、業者への相談・打ち合わせなどにも時間がかかりますし、建築にあたって特別な技術を必要とする工程があれば、職人を手配するために時間がかかることなどが挙げられます。また、建設業者との間の問題以外にも、住宅ローンの申請が通るかどうかという問題もあります。一般的に、注文住宅の場合は、契約から入居までに1年かかることも珍しくないと言われています。そこで、注文住宅建築中に住む場所をどうするか、ということを考える必要性が出てきます。

設計事務所は、注文住宅やオフィスなどの施工を担当するだけでなく、リフォームやリノベーションまで幅広く請け負っているところもあります。