建売住宅か注文住宅か?費用や特徴を比較

建売住宅の特徴とかかる費用

建売住宅の特徴は完成済みまたは完成予定の建物と土地が一緒に販売されていることから、直接建物を見てから購入できることです。かかる費用は、まず印紙税と手付金、仲介手数料です。印紙税は、住宅購入の契約書に貼る印紙代のことで契約書によって決められた金額の印紙を購入します。手付金とは、建売住宅の売買契約をするときに支払う費用です。仲介手数料とは、建売住宅を購入する時に仲介してくれる不動産会社に支払う手数料のことです。

次に登記費用と不動産所得税、住宅ローン借り入れ費用に各種保険料も費用としてかかります。登記費用とは住宅を購入するにあたって、建物や土地の所有権を示す手続きにかかる費用です。不動産所得税は不動産を取得したときにかかる税金で、住宅ローン借り入れ費用とは住宅を購入するにあたってお金を借りる際にかかる費用をいいます。各種保険料とは、地震や火災などに関する費用です。

注文住宅の特徴とかかる費用

注文住宅の特徴は住宅の色や材質、設備の種類など新築に関わるすべての項目について自分好みの住宅を建てられることです。注文住宅を購入するにあたっては、建売住宅を購入する際にかかる費用に加えて建物の工事費用がかかります。工事費用の内訳は、まず仮設工事と基礎工事にかかる費用で、仮設工事は建設工事に必要な足場や仮設電気、水道などの設置です。基礎工事とは建物の構造全体を支えるための工事で、床下全体にコンクリートを打ったり壁に沿ってコンクリートを打ったりします。 次に、本工事にかかる費用と内外装工事にかかる費用、設備に関する工事の費用です。本工事は、一番比重が大きな工事で時間と費用も多くかかります。内外装工事は、屋根や外壁などの仕上げと室内の床や壁の仕上げ工事です。設備に関する工事はキッチンや浴室、トイレなどを設置する工事となります。